ブログ

時代の変化に対応したオンリーワンの結婚式を

新着情報

古来の「結婚式」の歴史をひもとくと・・・

室町時代「結婚式」は丸三日かけて行われたそうで
花嫁は1〜2日目は白装束で  3日目に夫から貰った着物に衣裳を変え花婿の両親にご挨拶するという三日三晩の儀式。
相手の家に染まった、すなわち嫁入りが認められたという お色直しの意味合い もあったようですが、
時代と共に簡素化が進み 三日三晩の式三献が 三三九度 変わり
洋風なテイスト も加わり現在に至っているようです。
、昨今のコロナ禍で更にオリジナリティな「結婚式」へと変化していくのではと思われます。
時代の変化に対応した  オンリーワンの思い出の結婚式
どうぞ何なりとお申し付け下さい。
スタッフ一同心を込めて応援させていただきます。