ブログ

新郎の装い

新着情報
新婦様と同様、主役である新郎様の装いは正礼装が基本となります。
黒紋付羽織袴とは、染め抜き日向五つ紋がついた黒の長着と羽織に、仙台平の縞の袴を合わせて白色の小物を合わせた衣装です。
この装いが最も格の高い正礼装です。
黒が一般的ですが、紺等の色紋付も合わせる事ができます。
家紋は、背中心、前両胸、後ろ両外袖に各々一つずつ付いた五つ紋が正式とされています。
この家紋には魔除けの意味もあり、特に背紋は古くは背後に迫る邪気をよけるためのまじないとして付けたものとされています。
小物としては白扇がありますが、これは相手との結界を意味し、帯に差したり手に持つもので、広げて扇いだりはしません。
このように正装には決まりがあります。
普段着とは違う晴れ着に身を包むことで、凛とした佇まいが醸し出されます。
弊社では、その方に合わせた補正をし、足捌きの良いようにお着付けさせて頂きます。
又写真撮影でのポーズやちょっとした所作についてもお伝え致します。
今まで携わらせて頂いたお客様の中には、お父様は紋服でお母様は黒留袖を御召しになり、皆様和装で臨まれた方々もいらっしゃいました。
まさに日本の伝統的な挙式風景でとても印象的でした。
お二人の大切な一日、スタッフ一同心を込めてお仕度させて頂きます。